Home / 最近のニュース / 日本政府と国民が令和時代を迎えたことを祝福する

日本政府と国民が令和時代を迎えたことを祝福する

5月上旬には、日本政府と国民は国の歴史の中で非常に重要な歴史上の出来事を喜んで歓迎します。それは「令和」という新しい王朝の始まりであり、徳仁天皇が第126天皇として王位を就いたの後に、2019年は令和元年になりました。

これは、1817年に光格天皇が退位された以来、君臨する天皇が国の新しい時代を開くために退位され、太上天皇になり、次の世代に王位を移したのは、200年ぶりのことです。

2019年5月8日に、ベトナム元日本留学生協会(JAV)は、日本政府と国民とこの機会に喜びを分かち合うために、日本大使館にお祝いを述べるために代表団を送りました。

代表団を率いるのは、JAVの副会長のファン・ チュン・ ギアさん、 JAVの副会長の ホアン・ヴァン・ニャンさんでした。代表団を代表してファン・ チュン・ ギアさん は、日本大使館の代表者にお祝いの言葉を送り、大使館のサイン本に書きました。

JAVの代表団の直筆書き行には以下の段落があります:「我々は徳仁天王の新時代が常に日本と世界中のための繁栄、開発と平和維持であることを深く信じています」。

日本政府と国民が令和時代を迎えたことを祝福する
Đánh giá bài viết

Check Also

日本留学フェア2018

2018年10月7日、Lott …